「雨の日の森の中」感想

いまいちど、まっすー、1か月舞台本当にお疲れ様でした。

では、さっそく感想です。
相変わらずウダウダと勝手なこと書いてます。





舞台見終わった直後の感想で、
まっすーの舞台は面白くて、可愛くて・・・、
って、ここまで書きましたが、この続きです。

まっすーの舞台は面白くて、可愛くて、泣けました!!

どこが泣けたって?
そりゃあ、やっぱり最後にノボルくんが早峰さんのために
死のうとするシーンですよ!!
泣けたでしょー。
そりゃ、私だって、これはノボルくんが皆に騙されているんだろと
予想は出来ましたよ。
でもさ、周りはみんな気づいていてもノボルくんだけは気づいてないんですよ!!
早峰さんを救おうと必死で、けなげなノボルくん、泣かせるなぁ!!
このシーンを演じるまっすーもかなり迫真の演技だったと思うのですよ。
2回目はかなりな至近距離で見たんですけど、
これから死のうとするノボルくんの恐怖とか、緊張とか表すまっすーの
息づかいが凄いリアルで、「このシーンだけでも映像に残してあげたい!!」
ってせつに思いました。
ナイフを刺した後のノボルくんの悲しそうなうなり声とかリアルで
ドキドキしましたわ~。
だからねぇ、
その後の展開には若干ですが、「あれ?」
って思いました・・・。
だってさ、自分のために死のうとしてくれたんですよ。
それを
「おもちゃでした。」
とか笑って言えるかな・・・。
ここだけは、「ちょっと違うだろ。」と思いました。
まあ、でもね、この舞台はリアリティーを求めるものではなく、
あくまでもコメディですから、その後の展開を考えれば、これで正解なんでしょうけどね。
ちょっとしっくりしなかった、それだけです。
まあ、いいんです(さんざん言っておいて)
とにかく、私はこの時のノボルくんのけなげさに涙したと言うことです(汗)

さて、次に私のお気に入りのシーンですが、
これは何と言ってもノボルくんの
「クイズターイム」のシーンです。
千秋楽のレポを拝見すると、最後のあいさつで西田さんが、
最初の数回はまっすーがこのシーンを演じきれてなかったみたいな事言ってた
ようですが、なるほど、このシーンは難易度が高いかもしれない。
美月ちゃんとのかけあいとか難しそうだもんね。
お友達が行った回でも、ここのセリフを間違えていたらしいし。
ちなみに、私が2回目に行った回では、
「走るといえば・・・~~~楽しかったなぁ」のシーン(分かります?)
ここのセリフの前後を完全に間違えていました。
最後に言うべきのを先に言っちゃったんですよね。
どうするのかなと思って見ていましたら、まっすー、全く動揺することなく
若干かみあわなくなるセリフを平気で言っていました。
本人も絶対に気づくはずのセリフの間違いだったので、
何事もなくセリフを言い続けるまっすーに感心してしまいました。
で・・・、また話がそれましたが、
その「クイズターイム」のシーン。
このシーンさ、面白くて凄く笑える上に、なんか心が温まる良いシーンです。
泣いている早峰さんを何とか励まそうとして、でも全然うまくいかなくて、
もう、ノボルくんがけなげで、可愛くって!!
それに、私、こういう男の人に弱い!(笑)
その~、逆境にあって、発想の転換をはかろうとするって言うか・・・、
カルロスもそういう所あったでしょ。だからたぶんカルロスが好きなんだな。
中国のドラマや映画にこういう男の人がたまに出てくるんですよ。
すぐに惚れます(笑)
て、また話がそれましたが・・・、
やっぱり、このシーンも映像に残して欲しい!!(笑)

以前、なにかの記事で見たのですが、舞台と映像では
芝居の仕方が全然違うのだそうです。
だから、ドラマや映画で上手な俳優さんも舞台では必ずしも良いというわけでは
ないそうです。もちろんその逆もありです。
その記事では森光子さんは舞台の演技がすばらしいとのことです。

で、まっすーの演技ですが、
ドラマでのまっすーの演技って、よく「自然な演技」って言われる事が
多いような気がしますが、
それって、舞台ではどうなのかな~と、ちょっとだけ心配しておりました。
でも、全くそんな心配はいらなかったですね。
恐らく稽古中に周りのベテラン俳優さんたちからも、いっぱい良い影響を
受けたんでしょうし、まっすーなりにいろいろ考えてノボルくんを
創り上げているなぁと感じました。
私がそういう風に感じるってことは、もしかしたら、まだまっすーの演技が
未熟なのかもしれないけれど、
(たぶん本当に上手い人は上手いと思わないかもしれないので)
でも、まっすーがひとつひとつの動作、ひとつひとつのセリフを
考えて、工夫して、息をふきこんでいたっていうのは確かで、
私はそれにとても感動しました。
だってさ、ノボルくんが
「寒いっ!!」
って言うだけで、みんな笑っていたでしょ(笑)
[PR]
by tiantian365 | 2009-12-01 21:40
<< いろいろ 千秋楽 >>