テゴマスのあい 岩手27日 感想

盛岡公演に行ってきました。
これが私にとってのオーラスです(さびしー)
では、感想です。
またしても無駄に長いです・・・。




盛岡公演行ってきました。
テゴマスはずっと「岩手」って言っていたけど、
ここが盛岡って知ってたかな?(笑)
当日の盛岡は寒かった!!こんなに寒くてすみません。って感じでした。
盛岡の会場はグッズ売り場が建物の中で、場所が狭かったせいもあるんでしょうけど、
びっくりするぐらい混んでましたね~。結構並んでました。
あとねぇ、盛岡は平均年齢が若干高かったかも(笑)
子連れも多かったなぁ。なんかすごい落ち着きました(笑)
今回は3回コンサートを見ましたけど、3回とも違う場所だったから、
それぞれ地域性みたいなのがあって面白かったです。
岩手は平均年齢が高めだったからか、それとも県民性か、皆さんおとなしめだったと
思いますけど、でも、だから盛り上がってないって感じでもなくて、
反応するところはちゃんと反応して、聞くところではじっくり聞いていた感じ。
面白いと思ったのは「はじめての朝」の時にペンライトがほとんど動いてなくて、
みんな集中して聞いているように見えました。確かに今回の「はじめての朝」もとっても良かったもんなぁ。あの・・ブレイクの時もみごとに「シーーン」としていて
手越くんが歌い出す時はちょっとゾクってしましたね。
全体的に落ち着いていて、会場も大きくなくて、すごくアットホームな雰囲気の良いコンサートでした。それから音が良かったような気がします。
音に角がないっていうのか、耳に響くような音ではなく、心臓に振動が伝わってくるような音で、聞きやすかったです。私はスピーカーに近い席で、始まる前はヤダな~と思ったんですけど、ほとんど影響はなかったです。スピーカーがよかったのか、音響がよかったのか私には分かりませんけど、普通のコンサートみたいで良かったです(どうも表現がいまいち・・・)
はじめの登場は前2回のコンサートを経て学習したのか、登場口をビンゴで当てました(変なことに喜んでます)手越くんがドアを開けて入ってくる所をばっちり見ました!(今回は手越くんサイドでした)
あのピンクのつなぎってよく見ると、穴とか開いていて、意外に作りが凝ってました(笑)手越くんと言えば、今回の席は手越くんの当り席で(笑)
これ以上ないくらいの近さで、じっくり手越くんを見ることが出来ました。
まっすーはね、グローブ座とかでかなり至近距離で見たことがあるんですけど、
手越くんをこんなに間近で見るのは初めてだったので、すみません、目を大きく見開いて、上から下までなめまわすように見てしまいました(すみません、変な表現)
あれですね~、普段は周りが大きいので、手越くんは小柄に見えますが、
近くで見ると結構大きいですね!スポーツをしているせいか、しっかりした身体だし(何を見ているんでしょう・・)そんで、肌がと言うか皮膚が白い!無駄な肉はいっさいないし(だからガリガリってわけでもないし)なんて言うのかな、やっぱ彫刻みたいなんだよなぁ(すみません、テゴ担さん怒らないで!!)
いいもの見せて頂きました♪まっすーのうちわを持っていてちょっと申し訳なかったです。
さらに手越くんと言えば、ここにきてやっとクルクルパーマ落ち着いてきたそうで(いい具合にのびてきたそうです)
「MステとHEY3の時は急に出演が決まったので、髪がクルクルし過ぎていた。」そうです。Mステ出演とかって急に決まったんですね・・・。カツンが4週も出て、「ずる~い」とか子供みたいなことを言っておりましたが(息子にまでくだらない事で怒っていると言われました)、急にでも出られただけで恩の字だったということが分かって良かったです(笑)
手越くんのことばかり書いてますが、増田さんは元気でした(笑)
もうさ、秋田で「音色」を歌っている時に声がひっくりかえったのが若干トラウマになっていて、「音色」のソロの部分をまっすーが歌い出すと、変にドキドキしちゃいます(汗)
今回は喉の調子は悪くなかったと思います。でも、時々咳をしてましたけどね、まあ、あんだけ力いっぱい歌っていれば、そりゃ咳も出てくるよね。歌にはそんなに影響してなかったと思います。ただMCの時に突然「ゲホっ」って咳をして、手越くんに
「びっくりした~!」って言われてました。その後に子供の泣き声がしたので、
「さっき“ゲホっ”としたから(子供が)びっくりしたんだよ。」みたいなことを手越くんに言われてました。

なんか感想にまとまりがなくてすみません。
「もしも~」を歌う前にミニMCがあるでしょ。
どうやら、「もしも~」の前には○○に関係のある話をするのがお約束なようで、
仙台では・・・、
仙台は来た時には雨が降ってなかった→あとから雨が降ってきた→丸い粒の雨が降ってきた→「丸い」と言えば・・・。みたいな強引なつながり(笑)
昨日の盛岡では・・・、
まっすー、汗をあんまりかいてないね(手)→始まる前にあんまり水分をとってこなかった(増)→じゃあ、いまいっぱい飲む(増)→一気飲みはやめてね、あなた途中でいなくなっちゃうから(手)→ペットボトルを開けて一気飲みする増田さん→ペットボトルといえばさぁ(ここがかなり強引なもっていきかた)(増)→飲み口が丸いでしょ(増)→丸と言えば・・・(増)。
こんな話の流れでした(笑)
話しを強引に丸につなげるのはいつも増田さんです(笑)

手越くんの「ケセナイ」の前の増田さんの遊びは岩手では少なめだったかな。
でも、出だしのピアノを本気で2回連続で間違ってました(最後に「本気で2回連続で間違ったのは今回が初めてなので、これで岩手のことは忘れないだろう。」と言ってました)
間違うたびに演奏が止まって、「ふふふ」と笑い出す増田さん(笑)
後で、「ごめん、あそこは間違ってはいけないところでした。」と手越くんにあやまってましたけど、手越くんは「全然大丈夫だよ」といつも寛容に許してくれてました。

「僕のシンデレラ」の時のゾウさんは仙台も、盛岡もステージの両脇からでした。
シンデレラの時に増田さんが若干咳こんでましたけど、顔はいつ通り笑顔でした。
ゾウさんと言えば、仙台で、ゾウさんが退場する時にバンドのメンバーかスタッフさんか分からないんですけど、ピンクと黄色のTシャツを着て、長靴をはいて、バケツにボールをいれて、ゾウさんをひっぱって帰って行きました。
手越くん「飼育係りさんだ!うれしい~!」まっすー「うれしいね~」
って言ってました。テゴマスの二人は愛されてますよね。
盛岡では舞台が狭かったので、さすがに飼育係りさんは出てきませんでしたけど。
ホールでのコンサートはテゴマスの二人がすごく近く感じられるし、バンドをバックにずっと歌うので、アーティストっぽくていいんですけど、一度でいいからアリーナをかろやかに動きまわるゾウさんを見てみたかったです(だって、いつも狭そうなんだもん 笑)

本MCは・・・、どなたかのレポを見てください・・・と言っても、盛岡のレポをする人がいるかなぁ・・・(汗)
でもレポをしてもたぶん面白さは伝えられないと思うんですよ(汗)
コンサートが終わって家に帰ったら、旦那さんが珍しく「岩手のこととか、何か言ってた?」
って聞くので(以前盛岡に住んでいたので、盛岡にジャニーズが来ること自体が珍しく感じたらしいです)
私「え~とね~、高速をおりたら大きなショッピングセンターが見えたとか(イオンのことです)、車が左折する時に学ランの子たちを見たとか・・・。」
旦那「何それ・・・、そんな話をしてお金もらってんのかい。」
私「別におしゃべりしに来たわけじゃないし・・・。」
完全に私の説明ベタのせいです・・・(汗)
本MCの出だしの話題がこんな感じだったんです。その後、学ランとブレザーの制服のどちらがいいかなどと話がふくらんで、
子供の頃に見たアニメとか、ゲームとか、そんな話題で盛り上がってました(説明ベタ)
そうそう!手越くんがセーラームーンとライダーが同時に好きで、まっすーはレンジャーが好きとか言ってたな・・・、手越くんがやたらセーラームーンに詳しかったのが笑えました。
とにかく、MCは手越くんがいっぱいしゃべってましたね~。
前半は特に、まっすーが完全に聞き役になってました。
それを見ていたら、なんとなく、たぶんこういう手越くんがよくしゃべって、まっすーがそれを聞いているというスタイルが素に近い姿なんじゃないかなと思ったりしました。
だって、楽屋では手越くんはうるさいくらいしゃべるって小山くんが言ってましたもんね。
岩手での手越くんは本当によくしゃべっていて、それもアニメとかゲームの話だから、
普通のおしゃべりみたいでした(笑)
素に近いと言えば、増田さんも、仙台の時も思いましたけど、コンサート中もあんまりやたらに笑顔にならないですよね(笑)
もちろん、「キミ+ボク~」とか、「シンデレラ」と「Chu Chu Chu」とか、元気でかわいい曲の時はいつも通り満面の笑顔ですけど、それ以外の時はそんなにニコニコしてないですよね。増田さんもたぶんこんな感じの方が素に近いのではないかと。
なんか二人とも肩の力がぬけて、素に近い感じでコンサートにのぞめているのかなぁと
思ったりしました。もちろん、歌は全力投球ですけどね!!

MCから「Chu Chu Chu」の前説の流れは毎回本当に楽しいです。
DVDにする時は絶対にこの前説はカットしないで欲しいです。
「Chu Chu Chu」のダンスもあいかわらず可愛かったなぁ。岩手では結構近くで見れたんですけど、やっぱり踊っている時は、まっすー、イキイキしてますよねぇ。

私にとっては、岩手でのコンサートがオーラスでしたので、
「Chu Chu Chu」が終わって「パスタ」が始まった時には
“もうこれで終わっちゃうんだ・・・。”
すっごい寂しくなってきちゃいました。「パスタ」ってやっぱりなんかツボな曲だなぁ。
親孝行の歌とかって、そんなにピンとこないんですけど、このメロディと、
ところどころの歌詞が妙にはまるんですよね。

そして「ぼくらの空」
この曲は生に限るなぁ。出だしのソロは毎回鳥肌もんでした。CDよりも少しスローなテンポですよね??

「夜は星をながめておくれ」も毎回熱唱で感動だったなぁ。
二人とも最後の力を振り絞って渾身の力で歌っているって感じ。
そういえば、岩手の最後のあいさつでまっすーが、
「“夜は星をながめておくれと”いう曲で“もしも僕が死んでしまっても”って歌詞がありますけど、これはちょっと極端な言い方かもしれないけど、僕たちがそばにいない時も
元気で笑っていて欲しい。」
みたいな事を言ってくれました。
まっすーのこの一言で、私は私のこの歌に対する解釈は間違ってなかったと確信することが出来ました!!(大げさ 笑)
この曲を初めて聞いた時は正直動揺してしまったんですよ。歌詞を見ながら聞いていたんですけど、サビの部分を聞いた時は、チキンボーヤの2番の歌詞を聞いた時とはまた違った衝撃をうけてしまいました・・・(汗)
ブログ巡りをしていても、この曲に対する感想は賛否両論で、
否定する方はやっぱり「死」という言葉を使うことに抵抗があるという意見多かったんですけど、二人にこんな事を言って欲しくないという気持ちもあるのではないかと思ったりして。
ただ、何回もこの曲を聞いているうちに、この曲ってテゴマスの究極的な奉仕精神が表された歌なのではないかと思うようになりまして・・・(意味分かんないですね 汗)
つまり死んでしまうという設定ではなく、たとえ、どんな状況にあっても笑顔でいて欲しいというメッセージだと私は思うことにしたんです。
で、最後のまっすーのあいさつの言葉でしょ。
当たりでしょ!(笑)
やっぱり、増田さんはすごいわ・・。
本人は意識して言ったかどうかは分からないけど・・・、私が聞きたかったことを言ってくれました。

二人は「岩手に呼んでくれてありがとう。」
と何度も言ってくれましてけど、
「ありがとう。」はこっちです。
本当にこんな地方まで来てくれて、「ありがとう」です。
テゴマスの歌をもっとたくさんの人に聞いて欲しいとも思うけど、
あんまりビックになっちゃうと、もうこういう小さいホールではコンサートをしてくれなくなっちゃうかなと思ったり。
テゴマス本人たちはたぶんドームでやりたいとか思わない方だと思いますけど、
そういう事は本人の意志だけで決められることでもないですからね。
でも、出来ることなら、テゴマスにはこれからもずっとこのスタイルでコンサートを
続けて欲しいと願ってしまいます。
私ももう少し時間がたって、時間的に余裕が出来たら、テゴマスと一緒にあちこちに行きたいな。今回は3か所に行きましたけど、少しですけど、それぞれ違っていて、すごく面白かったです。きっと関西とかに行くと、もっと違う盛り上がり方をしたりするんだろうなと思います。私もいつか大阪や九州にも行って、その地域ならではの反応を楽しみたいです。
最後の映像で本が1冊ずつ増えていくじゃないですか。
一昨日の岩手で、もう20冊目ですよ!秋田の時はまだ少しだったのに、
もう本がずらりと並んでいて壮観でした。
最後の佐賀はすごいんだろうな。(行きた~い。でも遠すぎ~!!)

私のテゴマスコンはこれで終わってしまいました(マジ寂しい・・・)
代々木だってこれからなのに、勝手に寂しがってすみません。
6月はコンサートもないし、まともな仕事もないし・・・(汗)
仕方がないので、皆さんのレポを読んで脳内コンサートを楽しみ、
真面目に勉強して地道に過ごすことにします(自分に言い聞かせてます)

3回も長々と感想を書いてしまいました。
読んでいただいてありがとうございました。
[PR]
by tiantian365 | 2010-05-29 12:29
<< 明日は・・・。 テゴマスのあい 仙台25日 感想 >>