ドリトル

ドリトル見ました。
増田さん、完全に水中要員でしたね(笑)
どうしてこの役が増田さんに来たのかよく分かりました。
この役は相当泳げる人にしかできないでしょう・・・。
レギュラー級の役なら時間をかけて訓練も出来るけど、1話きりのゲストなら
そんな時間もかけられないだろうし、まずは「泳げる人」だったんでしょうね~。
立ち泳ぎとか、増田さんはなんなくやってるように見えましたが、
実際やってみると、結構難しいような気がします。
時間はかけられないとは言っても、出演時間から考えると、撮影には相当時間がかかったでしょうね。
リハーサルはすべてダミーのイルカでやったようですが、本番は生イルカでしょ。
一発勝負というか、イルカ勝負な撮影で大変だったでしょうね~。
増田さんの演技、一部若干微妙でしたが、このある意味大変なプレッシャーの中の撮影で頑張ったと思います。だから演技については今回は何も言うまい(笑)
アイドルなのにウェットスーツ1着の衣装で、顔を黒くされて、本当にお疲れ様!!
「無理です。」を連発する坂東くんに皆さん、イラっとしてたようですが、
私はずぶ濡れでプールに浸かっている増田さんとは対照的にプールサイドで涼しい顔でお説教している小栗兄さんにちょっとイラっとしました(笑)

さてさて、これからが本題?
出演時間が短いながらも、萌えポイント、ツッコミポイント?満載でしたけど、
まずは、まっすーの頭!この髪型めっちゃ好み~。
まっすーの素朴な少年ぽさがすごく良く出てる~。
イルカを見つめる横顔のアップなんて、も~サイコー♪(笑)
それからぁ、たくましい体格に反して、かなりヘタレな坂東くんのギャップ!
なんか「雨の中~」以来、怒られてしょんぼりしている増田さんばっかりにているような気がするんですけど、気のせいではないですよね。
まっすーのしょんぼり顔が好きなので、全然構わないんすけど、今回はウェットスーツを着て、たくましい肉体を全面に出しちゃってるので、そのギャップが・・・、
ある意味萌え?(笑)
さすがにプールサイドに体育座りまでしていじけている姿はちょっと可笑しかったけど、
たぶん一部の人にはサービスショットになったと思います(笑)
でもでも、私にとっての最大の萌えポイントは坂東くんの声!
まっすーてさ、役柄によって声のトーンが若干違うような気がするんですけど、
今回の坂東くんは好青年モードっていうの?(言いませんね)
何て言ったらいいのか・・・、
私が特にツボに入ったのが、最後にイルカに薬をつめた魚を食べさせるでしょ、
そんで食べてくれた時に
「食べたぁ!」(食べてくれた!だったかな・・・?)
って言ったでしょ(いつものことですが、細かいポイントで分かりづらくてすみません)
その言い方が、
いまにも「パトラッシュ!」とか「ラスカル!」とか言い出しそうな、
世界名作劇場の少年たちが声変わりしたら、こんな感じ的な
清く正しい発声で、
「いい声~~~!!」
だったんですわ!!(すみません、完全に読者置いてけぼりな自己中世界)
(ちなみに世界名作劇場とは以前フジ系が日曜7時半から放送していたアニメ番組で、
ハイジとか、フランダースの犬とか、その辺のアニメのことです・・・。)
まっすーの声ってホント不思議。
でも、まっすーの発声方法はドラマよりは舞台むきかもしれないな。

さて・・・、最後にドラマ全体の感想ですけど・・・、
ペットをかっている人にとっては、いろいろ考えさせられることあるでしょうけど、
私はペットは飼わない派なので、どーでしょう。
扱っているテーマはいいと思うんですけど、ちょっといろいろなメッセージを
詰め込み過ぎているような気がします。
動物の命をあずかる覚悟、ペットロス、獣医というお仕事の裏事情、さらには動物をめぐる環境問題まで・・・、これらの問題を1話に全部詰め込むって、ちょっと欲張りだなぁ。
いろんなシーンが断片的で、視聴者の想像力を必要とさせられて、なかなか感動にまで至れない・・・。小栗兄さんはさすがだし、真央ちゃんも元気で好きだし、
もう少し人間描写を丁寧にした方がいいドラマになると思うけど余計なお世話ですね。

ところで、皆さんをイラっとさせた坂東くんの「無理です。」の連発。
まあ、確かに「無理です。」を言い過ぎてましたけど、
いまの子供たちってね、「ムリ」って言葉をやたら使うのは事実です。
たとえば、友達から遊びのお誘いが来ても、何か用事があって、遊べないと
「今日は無理」
って答えるんですよ。
それを聞くたびに何か違うって思ってしまう母です。
「ごめん、今日は~だから遊べない。」
って答えればいいのに、「無理」で済ませてしまう安易な息子たち。
大人になったら坂東くんみたいに何でも「無理です。」って言うようになったら
困るなぁ・・・。
と心配になった母でした(笑)
[PR]
by tiantian365 | 2010-10-25 15:43
<< Mステ それでも好き。 >>