プレミアム

今回のトークはかなり聞きごたえがありましたねー。
なんかね、思い悩む若者をおじさん二人が励ます(←失礼すみません)って感じ?(笑)
でも、とにかく二人の言葉がいちいち含蓄があってずっと泣き笑いしてました(最近、琴線にふれることがあると笑ってしまう)
城島くんは同年代だけど、もう達観した仙人みたいだったわ(笑)
鉄腕ダッシュではいつもあんな感じですが、普段はああいう静かで穏やかな人なんでしょうかね。

私はキンキの光一くんが好きだったからトキオ、キンキ、V6の三つ巴時代に
かなり熱心にジャニーズを見ていましたが、一番トキオがアイドルをやっていた時代は私が多少心配になるくらい国分くんと城島くんは人気という点ではちょっと出遅れていたと思います。ついでに言うと人気という面ではV6の坂本くんもいまいちだったような気がしますが、今になってみると、この三つ巴グループの中でいま現在この3人は輝いてますよねー。もちろん、どのメンバーもそうだけど、負けず劣らず、自分の得意な分野で大活躍していると思います。
特に国分くんはあの当時はかなり目立たなかったけど、何か発想の良さを感じさせるところがあったので、トーク的に素質はあったのかな~とは思います。
その素質を地道に磨いて、いまがあるんでしょうか。

加藤くん、1月は3日しか仕事がなかったんですねー(汗)
恐らくまっすーもその頃はそんなに仕事がなかったのではないかと・・・。
いくらテゴマスがあるといってもね・・・。
あまり表に出てこないメンバーって普段どんな生活をしているんだろうか、
と考えてしまう時がありますが、テレビに出ないだけで、何かしらやっているんだろうと思っていたんですけど、やっぱり何もやってないんですね(汗)
他のメンバーがテレビなどで活躍している中、仕事がない状態が続くって、かなりツライだろうなー。。。
「それを言える加藤くんが凄い」
って国分くんが言ってましたけど、確かに普通は言えないんだろうな、
恐らく国分くんもそんな時があったからこそ、そう思うのではないでしょうか。
まっすーなら多分言わないと思う(笑)

それにしても、二人の言葉はほんとに含蓄があったな。
「なんにもないなー。」という城島くんの言葉に対して、
「加藤くんもこういう気持ちがあるといいかもね。」みたいなことを言ってくれた国分くん。
なんて二人とも大人なんだ!(笑)
でも、国分くんも中居くんの言葉の話で言っていたけど、「適当でいいんだ」とか、「気楽にいこうよ」とか言う人ほど、かなりストイックにやってるんですよねー。
すげーよく分かる。テレビの前で「そうだそうだ」とうなづいてました(笑)

ところで増田さんですが(やっと増田さんの話)
マス担さんのブログを覗かせていただくと、ほとんどの方はあの赤髪、長髪(前髪)を絶賛されてましたけど、私は赤髪はいいけど、ああいう邪魔そうな長い前髪を見ているとハサミを持ってきてジョッキンしたくなります(笑)
まあいいけど・・・。
で、歌の方はもうやはりプレミアムなので、いつものように出来上がりが良いです。
2曲とも歌い慣れてる感があって、ハイレベルな出来ですね~♪
まあ、でもどちらもフルでないのが残念。それから「ぼくらの空」の出だしの増田さんのソロはやっぱりライブの時みたいにスローな感じがいいなー。
なんでライブの時はスローにしたんだろう。誰が提案したのかは分かりませんが
増田さんの良さを更に引き出せるナイスな変更でしたよねー、さすがテゴマスバンドなのです。
今回はトークと歌もなんとなくリンクしててよかった。
特に「青いベンチ」前に加藤くんが「テゴマスは厳しいですよ」と言ったとたんに
真剣な表情のテゴマスが写ってすごく良かったわー(笑)
「青いベンチ」の時の衣装の方が私は好きだなー。


城島くんはnewsにとっては大恩人ですよね。
カウントダウンのあのあおりは忘れることは出来ません。
お礼も言ってないんかい!!
って思いましたけど、今回、加藤くんが城島くんと共演することで、
何か得ることがあるといいですね。
そしたらまた恩人だ。
[PR]
by tiantian365 | 2011-05-21 14:33
<< いまさら花火大会 ひるなんです >>