フルスイング

フルスイング聞きました。
皆さま言われるように、ファンにはグッとくる良い歌ですね。
ヒロイズムさんのnewsへの愛とエールが伝わってきます。

これとは、ちょっと離れてしまうかもしれないんですけど、
この曲というか、曲名を聞いた時、私は息子のある試合を思い出しました。
ここでも、何度も書いているように、うちの息子は野球をしてますが、
これも何度も書いているように、その腕前はひじょーに微妙なんですけど(汗)、
特にバッティング、打つ方がイマイチで、まあ、彼がヒットを打ったのは、
片手でたりるくらいの数なんで・・・、それもそのほとんどが、
内野と外野の間にボールが落ちるポテンヒットってやつ?ボールが飛んだ方向が
良かったね。というヒットばかりだったんですけど、そんな息子も一度だけ、
外野の頭上を越える一発をかましたことがありまして、
それはそれはすばらしい当たりでした。
息子がそんな一発を打ったその試合の日はちょうど、監督さんがお休みで、
その代わりに若いお兄ちゃんが代理監督として来た日でした。
そのお兄ちゃん、試合前の練習の段階から、常に子供たちに
「思いっきり振れ!!振れなければ出ていけ!!」
みたいな事を叫んでいて、常に子供たちにフルスイングするように指導していました。
そして、試合が始まりました。
息子のチームは小柄な子が多いせいか、あまり長打の出ない守備中心のチームだったのですが、
その日は当たりがすごかったんですわ。
まあ、三振も多かったんですが(汗)バットにボールが当たれば飛ぶみたいな感じで。
そんで、うちの息子も一打席だけ、ものすごいヒットをかっ飛ばしました。
ふだん打てない子が打ったもんだから、皆さん大盛り上がりだったんですけど、
打った本人である息子も自分の当たりの良さに驚いたそうで、走り出すのが遅くなり、
3塁でアウトになってしまいました(汗)
でも、呑気な息子は試合後、「初めて外野を超えた~!」と喜んでおりました。
まあ、その後はあいかわらずな息子でありましたが、
時々、「あの時みたいに、思いっきり振れば、ヒットが打てるんじゃないの!!」
って言うと、「どうしてもボールに合わせてしまって、思いっきりバットを振れない。」などと、
言っておりました。確かに他の子供を見ていても、身体の軸をぶらさずにフルスイングをするって
結構難しいことのようです。

そんなことを思い出しながら、この曲を聴いておりました(汗)
確かに、小手先の技術でバットを振っていても大した球は打てないのかもしれないですね。
一発かますには、三振を恐れずに思いっきり振った方がいいのかも。
そんな勝手な解釈でこの曲を聴いていたら(汗)
ヒロイズムさんって、やっぱ深いわー。
って、勝手に感心してしまいました。

「フルスイング」
っていい言葉じゃないですか~♪
「思いっきりやれ~!!」
っていうnewsへのエールが聞こえてくるようです。
[PR]
by tiantian365 | 2012-07-13 12:40
<< HEY3 チャンカパーナ PV >>