プレミアム

もう書きたい事がいっぱいあって、何から書いたらいいんでしょうー!!
っていう、かつてない幸せな状況ですけど、とりあえずプレミアムの感想から。
何回かリピっていて、いま現在も見ながら書いているので(今日はヒマ)
実況みたいな感想になると思うんですけど、
とにかく、国分くんオファーありがとうございます。
どこかの掲示板にnewsは節目節目の時にトキオの先輩たちにお世話になっているって
書いてありましたけど、ホントそうですね。
活動休止明けのカウントダウンの時も城島くんに盛り上げてもらったしねー。
まっすーも舞台で松岡くんにお世話になってるしねー。
ありがたいですね。
また、国分の聞き方とか、リアクションとか、いいんだよねー。

それにしても、脱退の話を聞かされたのが6月って・・・。
思っていたより早いんですね・・・。
去年の6月って・・・、まだグジャグジャでしたぜ。
こんな時期にそんな話するんだ・・・・。
ふーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん・・・・・・・・・・・・。
先が見えないって・・・、誰か先が見えてますかね・・?
でも、加藤くんはある程度状況が分かっていたから、その後のコメントも
あんな感じだったんだなぁってよく分かりました。
4人での再開について、具体的に行動をおこしてくれたのはやっぱり小山くんなんですね。
「小山、がんばれ」って応援している加藤くん(笑)冷静というか、人任せというか(笑)
「泥水なめる」って表現はすごいですね(笑)やっぱ小説家だと思いましたわ。
でも、「もう歌うことも、踊ることもステージ立つことも出来ない。」
って、そこまで思ったんですねー。そこまで思う状況だったことですね。

ところで、増田さん、ホントに忘れっぽいのね(笑)
こういうトーク番組ってある程度打ち合わせしてるんだろうけど、
この打ち合わせはなかったんですね(笑)でも、国分くんと話すことは
分かっているんだから、思い出しておけばいいのに~(笑)
それに「みんなエリート」発言もおもしろかったなー(笑)
気持ちは分かるけどね。ファンの私だって、ずっと、なかなか前に出してもらえない感はあるからね。これはマス担の宿命だとちょっと思ってます。でも、キャラ的にも増田さんはフォワードではないもんなー。石橋をたたいて壊しちゃうって良い表現(笑)
力まかせに石をたたいているまっすーが見えるようだわ(笑)
でも、4人になって個性を出しやすくなったから、
今の増田さんの位置は実は結構良いと思いますけどね。
それはともかく増田さんの不満の言い方がおかしい。特に加藤くんに対して、
「オレは学校の体育の授業休んできてるのに。」とか言っていて、
「????」一瞬意味が分からなかったんですけど、自分は大好きな体育の授業も
休んできてるのに、受験で休む加藤くんが許せないってことですよね?
体育の授業と受験を同等に考えている増田さんがおもしろすぎました(汗)

後半のアンケートの話を聞いていると、4人にはちゃんと役割分担があって、
それが上手く回り出しているんだって、よく分かりました。
去年脱退の話が出た後、自分の気持ちを整えるために長々と文章を書きましたけど、
その中で、残った4人の特性を考えたらnewsは何も失っていないって
書きましたけど、それが再確認出来たって感じでしょうか。

最後に加藤くんが「4人でいられたら、それだけで充分」って言ってましたけど、
この言葉はかなりグッときましたねー。
やっぱ、物を書く人ってどうしても客観的になってしまうって言うか、
妙に現実的に分析してしまうっていうか、
そんな面があって、自分の情況を客観的に分析した時に、彼はずいぶんと絶望的な
気持ちになったんでしょうね。
今回のプレミアムの中での加藤くんの発言を聞いていたら、「ピンクとグレー」のストーリーが加藤くんから生まれたってのがよく分かったような気がしました。
4人でいれたら、それで充分って、いまの若者にしては欲のない、謙虚すぎる発言かも
しれないけど、彼の人間性が出ていて、すごく泣かせるな―(笑)
そんで、最後に「フルスイング」でしょ。
あれを見てジーンとこなかったファンはいるでしょうか!?(笑)
出だしの歌が終わったあとの前奏?(間奏?)の時に加藤くんをふっと
宙を見上げたでしょ。あれ、カメラさんよく抜いてくれたなー。
加藤くんの気持ちが伝わってくるいい画面でしたね。
小説家はいろんな経験値が高い方がいい作品が出来るでしょうから、
もっともがいて苦しんで下さい(笑)
次はどんな小説を書いてくれるか楽しみだな。

自分が大人になって、よく分かった事は、「世の中うまくいかない事ばっかし。」って事で・・・。
まあ、でも、だからジャニの先輩たちもnewsのメンバーの気持ちが分かり過ぎる程分かるから励ましてくてるんだと思うなー。
私も去年はほんとにしんどい1年で、newsまでしんどい事になって、
もう本当にしんどい感じでしたが(汗)
今年になって、ようやっと落ち着いてきましたが、これからもしんどい事は
次から次へとやってくるでしょう(汗)
そんな時、この曲はきっとそばにいて励ましてくれると思うし、
newsにも頑張ってもらって、ずっと励まして欲しいなと思います。
ここまで応援してくれたファンへ彼らにはしっかりと責任とってもらわないとね。
[PR]
by tiantian365 | 2012-07-20 14:43
<< CDショップに行ってきた。 HEY3 >>