2012.9.9 NEWS LIVE TOUR 宮城公演 感想

やっと、コンサートの感想書けました。
よかったー、書けて~。。。
やっぱコンサートは書いておきたいのよね。

そして、今日はnewsの9歳のお誕生日だそうです。
おめでとうー!パチパチパチ

小山くんがまたまたwebでいいこと書いてくれてますね♪
私は確かに増田さんの個人担ではありますが、news大好きです。
歌も好きだし、なんといってもメンバーがおもしろい(笑)

さてさて、今回もレポではなく、感想です。
完全ネタばれです。全曲の感想でもありません(汗)
いつものようにダラダラと無駄に長く、好き勝手に書いております。
よかったらどうぞ
 ↓↓




Countdown
なるほど~、あの映像の再利用ね~。
と感心して見ていたら、あともうすぐってところで、時間が止まったり、戻ったり。
そのたびに皆さんの大歓声。
newsのこういうとこ、好きですね~(笑)
ああ、やっぱりnewsだな、と妙に嬉しくなった瞬間でした。

チャンパカーナ
もうここでは、ひたすらに増田さんの黒髪に注目(汗)
あらら、また可愛くなっちゃってって感じでした。
出だしは真っ黒ではない濃い目の茶髪に見えましたが、汗でびっしょりになると、もっとずっと明るい髪色に見えて、これで研修医は大丈夫なんだろうか?
と思ってしまいました。

NEWSニッポン
weeeek
やはりどうしても気になってしまう新しい歌割り。
でも、思っていた以上に違和感がないという・・・。
予想通り、声質から、山下くんのパートはコヤマス、錦戸くんのパートは
テゴシゲで分けてあったかな?

Fighting Man
この曲が始まった時、最初何の曲か思い出せなかったという・・・(汗)
自分がずいぶんとnewsの曲から遠ざかったいたことを思い知らされました・・。
でもさ、この曲を元気に踊っている4人の姿は最高にカッコよかったなぁ。
ダンスもとってもそろっていて、見ていてワクワクしてきました。
実は、以前はあまりこの曲が好きではなかったんですが、今回好きになってしまいました。いま、車の中でヘビロテ状態です。
コンサートで聞いて好きになる曲ってありますけど、今回はこの曲だな。

王子様映像
これって誰が考えたのかな?
すごく面白かったですね。セリフもメンバーのキャラをいかしていて面白いし。
4人ともカワイイ。
この映像まで、わりとガンガン歌って踊っていたので、とっても良い気分転換に
なったし、飽きさせない良い構成だと思いました。

LET'S GO TO THE PLANET
この着ぐるみ?姿を見た時に、あの2人がいたら出来ない演出だったろうな(汗)
って思いました(たぶん王子様映像も)。
カッコ良かったり、可愛かったり。良いじゃないですか~♪

愛はシンプルなカレーライス
この演出も楽しいですね。でも、秩父宮みたいな大きい会場だと、
はじっこの方でこちゃこちゃしてるって感じにはならなかったのかな。
最後の領収書もグッドです♪

あなたがとなりにいるだけで
これ、映された方、嬉しかったり、恥ずかしかったりですね。
いきなり自分が映されてびっくりしている姿がおもしろかったけど、
あんまり歌に集中できないかも(汗)

Addict(手越くんのソロ)
今回、コンサートの会場までは高速道路をぶっとばして行ったのですが、
その運転中聴いていたのが、増田さん以外の3人のソロ曲。
はい、すみません、それまで一度も開封してませんでした・・・(汗)
運転中なので、特に順番は決めず、聴いていたのですが、たまたま手越くんの曲が
最後になってしまったのですが、曲の途中で
「えっ!?」
みたいに思って何度もリピ。
高速道路なので、車の音もちょっとうるさくて、歌詞がたまに聞えないので、
メロディをメインにずっと聴いていたのですが、この曲の歌詞の一部が
気になり、何度もリピ。
何度も聞いているうちに、この曲がかなりエロいことを知りました(笑)
手越くん、攻めてきてるな~と。
私のとなりは若いテゴ担さんだったのですが(私の隣ってテゴ担率高いな・・・)
始めの映像に若干動揺してました(笑)
でも、チャンカパーナもそうだけど、やっぱそんなにエロくは感じなかったな。
それよりダンスが素敵でしたね~♪

ヴァンパイアはかく語りき(加藤くんソロ)
いまちょっと流行り?の良い題材をもってきたなぁと感心。さすがです。
加藤くん、本当に男前!

エンドレス・サマー
最初の映像がよかったなー。この曲の特別感を感じさせてくれてよかった。

Share
そっかー、あの2人のパートはシェアして歌ったんですねー、なるほどー。
今回も結局あまりネタばれを見なかったので(見る時間もなかったというか・・)
新しい歌割りをほとんど知らなかったので、すごく新鮮に聞えました。

I・ZA・NA・I・ZU・KI
この曲の例の加藤くんパートの「口づけを~」のところで、
テゴマスが目の前の通路を歩いていたんですけど、二人がニヤニヤしながら、
加藤くんの歌詞にあわせて「口づけを~」をやってくれました♪ごちそうさま!
やり終わった後にテゴマス二人で笑い合ってました。

PeekaBoo...(まっすーソロ)
今回は珍しくカッコ良さをかなり追及してましたね~。お遊びなしね。
私さー、この曲を始めて聞いた時、実は「山下くんの曲みたい・・・。」
って思っちゃいました(汗)だから、ダンスも山下くんちっくになるのかと思ったら
全然違いましたね。何て言うのか・・・、まっすーはこういうダンス好きだよなーって感じ?(全然解説になってないですね・・・)
手越くんのソロもそうだけど、今回はバックのJrの方々がとても良かったですねー。
ダンスも上手だし、すごくソロ曲のダンスを盛りたててもらってましたね。
最初はJrのバックがつくって聞いて、4人じゃ物足りなくなるからかなと思いましたが、足りないものを足すというよりは、更によくするためにいてもらった感じ。
彼らは通路を歩く時もみんなニコニコ歩いていて、近くを通る時は思わず手を振っちゃいました。
増田さんはあの動くステージで踊ってましたけど、もうステージぎりぎり前まで
出てきて踊ったりするのねー。足の裏半分くらいステージから出てました。
高所恐怖症なのに怖くないのだろうか・・・(すみません、変なことを気にしている)とか思っちゃいました(笑)
まあ、ちょっと苦言を申しますと、あの動くステージはアリーナの人たちが場所によっては非常に見づらいこともあるので、せっかくのダンスが良く見えない人もいたかも・・・。
あの動くステージはラグビー場やドームみたいに大きな会場では有効かもしれないけど、小さい会場ではどーかなーと。

Starry(小山ソロ)
このソロ曲に限らず、今回のコンサートで思ったのは小山くんが歌がすごく上手くなったなーということ。もちろん、前からそんなに下手なわけではないけど、なんか安定感がすごく増したというか。。。いっぱいレッスンしたんだろーなーって思いました。
newsの存続もかかっていたし、テゴマスのプレッシャーもあったし、頑張ったんだろうなと・・・。その頑張りがすごく出ていたと思うなー。小山くんがあんだけ安定して歌えるとnewsの歌の幅が更に広がりそう。楽しみですね。(すみません、ちょっと上からだな)

バンビーナ
これの出だしの手越くんのソロ・・・。
かなり度肝を抜かれたというか、なんというか・・・(汗)
なんかすごかったですね・・。私から見ると、あのソロ曲前の映像よりこっちの方が
ずっとインパクトありました。
衣装もすごいし、歌い方もすごい。
増田さんってさー、良い身体してても、もったいぶっているのか、恥ずかしいのか、
あんまり露出しないでしょ。ちょっとだけ見せて、チラリズム効果をねらっているようなところもあるんだけど、手越くんは違いますね。
もう、あらゆるすべてを惜しまずに見せてくれる感じ?(笑)
最初はかなり歓声があがっていたけど、だんだんその歓声も小さくなって、
なんか皆さん圧倒されてる感じがしました。
その前のMCの時にマツコ・デラックスさんの話題になって、
マツコさんが、手越くんのことを、近頃のアイドルの中では飛びぬけた存在みたいな事を言っていたそうですが、なんか、このバンビーナの出だしを見ていたら、
マツコさんに激しく同意したくなりました。
6人の頃は手越くんもやっぱり2人の大先輩に多少は遠慮しているところが
あったんでしょうね。なんか4人になって完全に解き放たれて、強い光を放ち始めたって感じ。私にはちょっと強すぎる光なんだけど(笑)、でも、手越くんがnewsを引っ張っていくっていう感じはよく分かりました、はい(笑)

それから、かなり話題になっている増田さんのセリフ。
みなさん、すごい歓声でした。
4人でのコンサートの違いのひとつは増田さんへの歓声の高さですね。
もちろん、前から歓声はあったけど、やっぱりあの二人には及ばなかった。
まっすー、嬉しいでしょ(笑)

2人/1300000000の奇跡
初めて届いたファンクラブの会誌に4人の好きな曲が載ってましたが、
今回のコンサートでは、その曲がかなり反映されていたように思います。
好きな曲が歌えるようになったってことでも良かったのかな。

最後のあいさつ&トロッコのこと

今回の席はアリーナでトロッコが通る通路側にいたので、
メンバーをかなり間近で見ることが出来て、も~、お腹いっぱいです(笑)
これまでも、何度かアリーナ席でトロッコで通るメンバーをかなり間近で
拝見しておりましたが、なぜか、増田トロッコ運がなくて、
私の近くを増田さんをのせたトロッコが通ることはなかったんです。
でも、今回は一番初めに増田さんがやってきたので動揺してしまいました(笑)
ただひたすらガン見するだけで、何を思ったか覚えていないという・・・(汗)
とにかく、増田さん汗びしょびしょでした・・・。

次に加藤くんがやってきました♪
なんかねー、皆さんそうだと思いますが、加藤くんはあんなにイケメンなのに、
すっごく親しみを感じる存在で(笑)加藤くんのトロッコが通る時は増田さんの
ウチワを隠して、「シゲ~っ!!」って友達に手を振るみたいになれなれしく
手を振らせて頂きました(笑)

次にトロッコで来たのは手越くん。
手越くんが来た時は例のあの露出の大きい黒い衣装を着ていたので、
なんとゆーか、パンツの切れ間から見える太ももとか、腰とかに目がいってしまって(汗)
どんな顔してたか全然見てないっす(汗)サッカーで鍛えられたすばらしい太ももでした(笑)

そして最後にトロッコで来たのが小山くん。
特に前もって考えていたわけでもないのですが、小山くんが通った時にとっさに出た言葉は、
「いっぱい被災地に来てくれて、ありがとう。」
でした。なんか小山くんには、「ありがとう」って言葉しかなかったです。
newsの復活に実質的に動いてくれて、いろんな人に頭を下げてお願いしてくれたのは
小山くんだったろうし。そんなことも思ったら、いきなり涙がどど~っと出てきて
自分でも意外でした(汗)まさか小山くんに泣かされると思いませんでした・・・。

最後のあいさつ。

最初は手越くん。
手越くんはいつも待たせて申し訳なかったって言ってくれますね。
別にメンバーのせいではないのに、結構義理がたい子なんでしょうか。
内容については、書きませんが(どなたかのレポを見てください 汗)
この手越くんのあいさつはりっぱだったなー。
終始しっかり話していたし、内容もよかったし、成長を感じたな~。
なんかすごく感心してしまいました。

次に加藤くん。
加藤くんは、仙台に来て、錦戸くんに牛タンをむりやり食べさせられたことを
懐かしくも、切なくも思い出したそうです。
このあいさつの時の加藤くんの話し方がとても良かった。
変に力が入ってなくて、肩の力が抜けてて、すぐそばにいる友人に話しかけてくれるように、優しくて、静かに話してくれて、ずっと聞いていたい感じでした。
以前の加藤くんはホント、どこか自信がなさそうというか、コンサートに乗りきれてないというか・・・(頭の良い人って考えすぎちゃうんだよね)、そんな感じがしましたが、ここの話しぶりを見ていたら、ずいぶんと落ち着いて、しっかりと話が出来るようになったな~と思いました。加藤くんもいろんな事がふっきれたのかな~。

それから、まっすー・・・。
増田さんさぁ、先日webに書いた「ここにきて一緒に歌おう」のところを
解説してくれようとしてたんだけど、「ここにきて」の「に」の所で
すでにつまづいていて(汗)それ以降はグダグダでしたね(笑)
なんとかまとめようようとしてたみたいですけど、あんまりまとまってなかったかな(汗)
まあ、いいでしょう。増田さんはパフォーマンスで魅せる男だから
あいさつはそんなに期待してません(笑)
コンサートの間はずっと、newsの大黒柱的な存在で、コンサートをしっかり支える頼もしい存在に見えましたが、あいさつはまとまりがなくて、「いつもの増田さんだ・・・(笑)」って、ちょっと安心したかも(笑)

そして最後に小山くん。
webでも書いてくれたから、内容については書きませんが、
小山くんはいっぱい被災地に来てくれているから、特別な思いがあったんだと
あらためて感じました。
今年のまだ寒い頃だったかなぁ、私は被災地のある水門の視察に同行したのですが、そこから帰ってきてすぐに、everyを見ていたら、小山くんが同じ水門に立っていました!
「小山くんも来たんだ!!」ってなんか嬉しかったです。あまりテレビで取り上げられることもない、小さな村の水門でしたので、こんな所まで来てくれたんだなぁ・・・と、頭が下がる思いでした。小山くん、本当にありがとう。
それにしても、その中学生の女の子に話をされた時の小山くんの気持ちを思うと切ないですねぇ。まだ発表は出来ないけど、脱退については決まっていて、今後newsがどうなるか
分からない状態で・・・、本当に辛かったでしょう・・・。
まさか、この宮城の会場自体のことも話してくれるとは思わなかったので、
かなり勇気がいるメッセージだったんじゃないかなと・・・。
実際に津波を体験していない人が被災地のことを語るのは
ちょっと勇気がいりますよね。
私だって、近くに住んでいるけれども、その場にいた方たちと同じ気持ちを共有するのは難しいと思うし。
以前、私が被災地の取材に同行した時も、ある方に
「内陸の人たちは、何事もなかったように生活しているんでしょうね・・・。」
って、ポソって言われて返す言葉がなかったです。だって、それはその通りだったから。
でも、その人は「今一番心配な事は?」という質問に
「震災のことが風化してしまう事が怖い。忘れ去られることが一番心配。」
って言ってました。
だからこそ、小山くんみたいにテレビに出られる人が勇気をもって
発信してくれる事が大事なことだと思います。
それにしても・・・、
私にとっての今回のコンサートは最後に小山くんに全部持って行かれた感じ・・・(汗)
震災以降、おそらく地元の多くの人たちがそうだと思うんですけど(私の友人もそう言っていたので)、心の中にあるスイッチが出来てしまった気がします。テレビや新聞なので、震災関連のニュースを見ると、時々スイッチが入ったように、涙がどっとあふれてくるんですよね。でも、時間が経つにつれ、そのスイッチの感度もすこしずつ鈍くなってきていて、泣きたくなる事も少なくなってきたように思うのですが、今回は久しぶりに小山くんにスイッチを全開にされてしまった感じ(汗)私の前の子もかなり泣いていたので、東北の人だったかな?そんで、あまりにも涙がとまらなくって、ずっとグシグシ泣いていたら、最後のフルスイングをあんまり聴けてなかったという・・(汗)

アンコール
私が参戦した仙台のコンサートでダブルアンコで2曲も歌ってくれたのは初めてだったんじゃないかと。
1回目のアンコールのnewsコールがあまりにも小さかったので(私の周りだけかもしれないけど・・)微妙だったなぁ(汗)
仙台は1公演しかないから、サービスだったかしら(笑)
でも、手越くんが「声が小さい」とかなりあおってくれたから、皆さん大きな声が出せるようになりました(笑)
アンコールは、メンバーが自由に歩いていて、その動きを見てるのが
面白かったです。加藤くんが目の前の通路を歩いている時に、
ウチワに書いてあるお願いに(「指さしして」、とか「投げチュウして」とかそういうの)ひとつひとつ丁寧に応じているのが印象的でした。やっぱり次回は私もなんかお願いを
書いていこうかと思いました(笑)

とりあえず、まとめ・・・。
さてさて、そろそろまとめなくては・・・。
今回、4人のコンサートを見て、どう思ったか・・・。
う~~ん・・・。
なんかね、もっとnewsの復活を感動的に見れるかと思ったんですけど、
そうでもなかったですね(笑)たぶん、秩父宮のコンサートを見れれば、
メンバーと一緒に涙を流すことは出来たと思うのですが(今回は違う意味で大泣きしてましたけど・・)仙台でのメンバーはもうすっかり元気で楽しかったし、
良い意味で、4人のnewsに全く違和感を感じなかったという感じでしょうか。
物足りなさとかも全くなかったし、今回は1回しか見れなかったけど、
いつものnewsのコンサートと同じように充分楽しめたコンサートでした。
では、6人の時のコンサートと比べてどうかと言えば、4人の方が良かったとも
言えないし、6人の方が良かったとも感じなかった。
なんというか、比較出来ないですね。
だって、6人の時の、特に最後にドームで見たコンサートは本当に良かったし、
あれを否定はしたくはないなと。
ただ、今回のコンサートだけではなく、4人の新生newsになってからの活動を見ていると、メンバーの関係が明らかに風通しの良い関係であることは分かります。
つまり何をするにも、やりやすいし、意見を言いやすいし、その意見もかなり反映しやすそうだ、ということ。今回のコンサートを見ていても、これって、4人だから出来たんだろうな・・・、って思った演出がいくつかありましたし。
これって、今後の活動にもすごく期待出来るってことですよね。
もう、いろんな事を気にしないで、“前方だけみて、進めばいいさ♪”って気持ちになれます。これから、4人がどんな風に魅せてくれるのか、楽しみですなぁ。

まっすー
最後に何か増田さんのことも書いておかないと!(笑)
ちょっとスカートが多すぎないかとか、なんでソロの時にずっとサングラスを
しているのかとか、ちょっと言いたいこともあるんですけど(笑)
でも、身体をいっぱいに使って楽しそうにダンスしているところとか、
汗を飛ばしながら走っているところとか、自分のパートを丁寧に歌っている所とか、
いっぱい見れて本当に元気をもらいました。
あ、でもダンスはちょっと調整が入っていたかな?
いつものように型がきっちりした素敵なダンスでしたが、いつものあのタメみたいなのが抑え気味だったような気がしまう。今回は自分のダンスを極めるより、皆と合わせることにしたのかなーと。
そして、増田さんがnewsの中でとても大きな役割をはたして、支えていることもすごく分かって、頼もしかったなぁ。2年前の秋田のテゴマスコンで喉がガラガラで辛そうに歌っているのをハラハラ見ていたのが遥か昔のことみたいだな・・・。

あまり注目されなかったJr時代?(笑)から始まって、newsとしてデビュー出来て、テゴマス結成して・・・、そして今は、新生newsの中心的な存在として、いろんな面からnewsを支えている・・・。
いま、メンバーもファンもみんながまっすーのことを信頼して、期待して見ているよ。

うれしいね。

頑張るのだぞ。
[PR]
by tiantian365 | 2012-09-15 12:53
<< またまたお久しぶり 感謝のきもち >>