GWシリーズ第1弾!

友人は帰り、お花見もしてしまった。長男は少年野球で終日お留守、
次男は平日出来ないゲームをここぞとばかりにやっていて、旦那は庭いじりにいそしむ。
実に優雅にGW過ごしています。てか、やることない、暇です(勉強しろよー)。
時間はたっぷりありそうなので、今日はちょっと過去を振り返って私のジャニーズ暦
について、勝手に書かせて頂きます。
まっすー君にはまる前はジャニーズとも大分ごぶさたしていましたが、
私はもともとジャニーズ好きでした。
私の第1次ジャニーズブームはたのきんトリオのトシちゃんです(ふるいですねー)
ジャニーズといえば、フォーリーブスあたりから、実は記憶があるんですが・・・。
ファンになったのはトシちゃんから。
この時は本当に正統派な?ファンで、ちゃんと明星とか平凡とかアイドル雑誌を買って
切り抜いて下敷きに入れて持ち歩くという正しいファンをしていました。
トシちゃんと言えば、ジャニーズ=歌が下手なイメージを作ってしまったアイドルでしたが、
ダンスはとっても上手でしたね。だから、見てて飽きなかった。
あの頃のトシちゃんは本当にかわいかったな。
トシちゃんから第2次ジャニーズブームのキンキの光一くんまでは、
大分空いてしまうのですが、だからと言ってジャニーズから離れていたわけではなく、
ファンにはならなくても、シブガキ隊も少年隊も、大学時代周囲の誰もが見放した
光GENJIすら喜んで見ていました。
理屈くさい大学生には、もろ口パクの光GENJIというのは、どうしても受け入れられない
存在だったようですが、私は全然OKでした!
私はもともと聴かせるというよりは、魅せるというジャニーズスタイルが好きでしたので、
口パクだろうが何だろうが見てて楽しければよかったんです。
まあ、そういう意味では、近頃のジャニーズは歌の方に重点が置かれてきて、
あんまりダンスしてくれないので、私にはちょっと残念です。
テゴマスは、もともと歌重視だからいいのですが、newsにはもっとガンガン踊ってほしいな、若いんだから(笑)
このごろは、V6とかも簡単なダンスになってしまってちょっと物足りないです。
V6の歌は爽やかで大好きなんですけどね。
と、また話がそれてしまいました。次のブームはキンキの光一くんです。
デビュー前から大ファンで、今でも光一くんは変わらず美形で素敵ですが、
あの頃の光一くんは群を抜いてかわいくて、かっこよかったなー♪
光一くんは殿堂入りっていうやつですね。もう、りっぱに育って旅立って行ってしまった
とういう感じがします(笑)
光一くんの活動の中心が舞台に移った頃、私も出産や育児やらで、もうテレビをゆっくり見る時間も心の余裕もなくなり、当然、光一くんの舞台を見に行くなんてことも出来ず、
だんだんジャニーズから遠ざかっていったような気がします。
メンバーを全員把握出来るのは「嵐」までで、それ以降のデビュー組、もちろんjrも未知の人々になってしまいました。
ジャニーズも卒業だと確信したのは皮肉にもnewsの存在でした。
一時期、全然ドラマを見てなかった頃、唯一見ていたのが朝ドラで、
錦戸くんが出ていた「てるてる家族」も見てました。
でも、それを見ていた時は錦戸くんがnewsのメンバーであることも、
ジャニーズであることすら知らなくて、ドラマが終了した後、バレーボールの何かで、
錦戸くんを見かけて、「この子ジャニーズだったんだ!!」と、ものすごくびっくりした事を
今でも良く覚えています。それまで、ジャニーズ好きを自負していただけに、
数ヶ月間ドラマで見続けていた錦戸くんがnewsであることさえ知らなかった自分にショックを受け、ジャニーズとの決別を自覚したのでした。(って大げさ)
それから随分経って、少しづつ夜のドラマを見るようになった頃、再びジャニーズに目を向けるきっかけを作ってくれたドラマが「野ブタをプロデュース」でした。
このドラマ、ダブル主演とは言え、どう見ても亀梨くんが主役みたいなドラマでしたが、
ドラマを盛り上げたのは、山下くんと掘北真希ちゃんの演技力でしたよね。
正直に申し上げますと、それまで、私はあんまり山下くんが好きではなかったんです。
野ブタ以前の山下くんって金髪でひょろってしてて、どうしても好きになれなかった。
でも、野ブタを見て山下くんを思いっきり見直しちゃいました(すみません。偉そーで)
ファンになるとまではいかなかったんですが、山下くんの演技は深く印象に残りました。
そして「クロサギ」ですよ。野ブタの山下くんと掘北ちゃんが出演するとなれば見ない訳には
いかないじゃないですか。
「クロサギ」の山下くんは、もうかっこよかったですねー!!寂しげな表情がよく似合う山下
くんにはぴったりの役でした。
そこで、山下くんに興味を持ってネットの動画サイトを巡り始めた頃newsと再開しました。
始めは山下くんばかり見ていたのですが、どうも、山下くんの傍で、
“フレーッフレーッ”てピョコピョコ跳ねながら、うれしそうに歌っている増田くんが妙に気に
なってしょうがない。
そんな増田くんが7月からのドラマに出演するということで、ちょっとお試しに見てみたん
ですが、ダンドリのカルロス・・・、かわいくて、おかしいではありませんか!
特に3話のあのワンワンワン!のシーン、あのシーンを見た時の衝撃は忘れられない
ですね(笑)
あのシーンって脚本にこうしろと書いてあったんでしょうか?
それとも増田くんのアイデアが入っているんでしょうか?
とにかく、あのおかしな演技を懸命に演じている増田くんがおかしいやら、かわいいやら
で、増田くんから目が離せなくなりました。
もう、まっすー君のこと語りだすと終われなくなりそうなので、今日はここまで。
なんせGWはまだまだ始まったばかり~♪
GWシリーズ第2弾(勝手に命名)はまたこんど。
あー久しぶりに暇な時間がてんこ盛りで楽しいな♪

朋友回去了,樱花也赏完了。老大天天去参加少年棒球队的训练。
老二泡在电子游戏机里(因为平日被禁止玩儿,所以趁这个机会玩儿呢)
丈夫整天在院子里种花。家人都过得自由自在。而我呢,从很多杂事被解放出来,
悠闲地渡过时光,说实话,现在我实在没事可作,所以呢,我趁这个机会,
好好回顾一下我和杰尼斯共同渡过的时光吧。
虽然在到喜欢上massu以前的一段时间,我和杰尼斯之间有较远的距离,
但是,我原来挺喜欢杰尼斯的明星们。
在我的人生中首次掀起的杰尼斯热是读小学的时候。
我特别喜欢田原俊彦。那时,我还是个一位正宗的追星族。
每月购买偶像杂志。从中把田原的照片剪出来夹在垫板中并带着它上学。
说起田原呢,他是造成杰尼斯等于不会唱歌人形象的偶像。
不过,他跳得不错,所以,我一点儿也没有感到过无聊。
从田原以后,到近畿小子的光一以前,虽然有一段时间,但我在那期间也一直欣赏
杰尼斯的偶像们,如涩柿子队,少年队等,连周围的朋友都看不上的光源氏队都
很喜欢看。对爱讲理的大学生来说,总是用配音表演的光源氏是难以接受的。
不过,我本来很欣赏杰尼斯偶像们以跳舞为主的风格,所以,他们是否真地唱歌
并不是那么重要。从这个观点来看,我对最近杰尼斯以唱歌为主的风格有一点
意见。tegomass是从头就是很重视唱歌,所以,他们不跳也可以,
但,我希望news多跳一些舞,他们毕竟是杰尼斯队中最年轻的队伍吧。
第二个热潮是近畿小子的光一。
光一直到现在,仍然很帅,很可爱。他呢,已经长大成人从我的身边展开翅膀飞往
遥远的蓝天了。
从那以后,过了几年时间吗?
我通过山下认识了massu了。
现在我翻译太累了···。明天在写吧。
[PR]
by tiantian365 | 2007-04-30 22:12
<< まっすーラジオがやって来た♪ キッス~帰り道のラブソング~P... >>