まちマス感想(もどき・・・)

昨日は10時すぎに家にたどり着き、疲れてそのままダウンしてしまいました。
今日はたまった家事を片付けるのに1日バタバタしていました。
それでも、時々ボーっとしてしまって、「あぁ、昨日のまっすーはほんと素敵だったな~。」
なんて昨日の舞台の余韻にひたっていました(笑)
出来ることなら、あとせめて1週間くらいこの余韻に浸っていたいんですが、そうもいきません。
今回の舞台はファンにはたまんなかったですね。
昨日の新幹線の中で、記憶が鮮明なうちに感想を書いておこうと思い、思いつくままに書いてみたんですが、今日読み返してみたら、レポにもならないし、感想にもなってなくて、単なるまっすーベタボレ日記になってました(笑)
これをブログに載せるのはどーよ。と思ったのですが、書き直す気力もないので(汗)まあ、適当に読み流して下さい。
もちろんネタばれ満載です。
私は今回、一切の情報なしで見に行きました。それでよかったと思います。
(ネタばれに関しては人それぞれですけどね)
だから、これから見る方は見終わってから読んでね~♪



出だしは、ステージを前にして、とても緊張しているまっすーとういう設定。
タクシーの中でブルブル震えているまっすー君、かわいすぎます(笑)
ていうか、ブタのぬいぐるみを抱えている姿、似合いすぎて、すべてかわいかったです。
最初の衣装もこれぞ増田系という感じで、首に何か巻いてるし、モンペみたいなパンツはいてるし、でもこれがまたよく似合ってるんですよ(笑)
増田系もかなり進化してきてますよね。
ブタのぬいぐるみがしゃべりだして怖がるまっすー君、これもかわいすぎます(すみません、かわいいばっかり)
この後、まっすーとブタさんとのやりとりで話はすすんでいくのですが、
このまっすーとブタさんのコミカルなやりとりが絶妙で、とてもおもしろかったです。
近くに小学生くらいの男の子が座っていたのですが、この子が椅子からずり落ちるような感じで笑いころげていてかわいかった(笑)
1回目見た時はこのブタのぬいぐるみの声、前もって録音してあるのかなと思ったのですが、2回目の時、ちょこちょことアドリブらしきものが入っているんですよね。
たまにまっすーを困らせたりしていて、このブタさんの声もいい仕事してました(笑)
しゃべりだすブタのぬいぐるみを怖がって「しげ~・・・。」って言いながら携帯探すまっすー君もかわいすぎます。まっすー君にとって、加藤くんってやっぱり“困った時は”みたいな存在なんでしょうか。
今回の舞台、加藤くんも大活躍でした。(声とVTRで)
そして、ちょっとエロい?生着替え。
まっすーってほんとサービス精神旺盛で、おちゃめな子ですよね~。
アンコールシーンを含めて4パターンの衣装を見せてくれました!
カーテン越しの生着替えが終わって出てくる瞬間がいいんですよ~。
どの格好もとってもよく似合っていて惚れ惚れしちゃいます(笑)
ビリーズブートキャンプをパロった何とかキャンプのタンクトップの衣装は見せ場のひとつですよね。
どこかの新聞に“自慢の筋肉を披露”とか書いてあったと思うんですが、
まっすー君の筋肉って、ムキムキというよりは、よく鍛えられたカモシカのような腕(足は見えませんでした)って感じがしました(変な表現?)
芸能人って実際見るとテレビで見るよりだいたい華奢に見えるんですが、まっすー君はとても大きく見えました。身体は逆三角で、手が大きくてほんとかっこよかった。
まっすー君はやっぱりこのかわいらしさと男らしさが共存してるところがツボなんですよね~(笑)
前半はコミカルな演技で笑いのシーン満載なんですが、後半はまっすー君がじっくり、いろんな過去のことを話してくれました。
はじめはダンスをがんばろうと思ったこと。
金八先生のオーディションをめずらしく自分からジャニーさんに頼んで受けさせてもらったこと。
NHKで偶然、大河ドラマのプロデューサーに出会って武蔵に抜擢されたこと。
スカウトされて大河ドラマに出演したっていう話はどこかで見たことあるんですが、本当だったんですね。そのNHKのプロデューサー、人を見る目があるな~(笑)
まっすー君のムサシ見てみたかったな。
そして、Jrの時代、たくさん悔しい思いをしてきたことも話してくれました。
それでも、この仕事を続けるのは、この仕事が好きだからって言ってました。
「これからも辛いことがたくさんあるかもしれないけど、それを乗り越える自身があるよ。」
「辛いことを乗り越えれば、また新しい夢が見つかるでしょ。」
「そうやって、たくさん夢をかかえていって、たとえそれを途中で落としてしまっても、変な格好になってもいいから拾えばいい。」(台詞は全部うる覚えです)
若いけれど、これまでたくさん悔しい思いをして、たくさん努力してきたまっすーだからこそ言える頼もしくて、そして、聞いている私たちにも勇気をくれる言葉でした。
そして、舞台の最後の方で、ブタさんが「たまには自分を振り返ってみるのもいいんじゃない?」って言ってくれるんです。
今回の舞台では、まっすー君のまだ知らなかった過去の話も聞けたし、未来への力強い言葉も聞けたし、短い時間だったけど、まっすー君の過去と未来を共有できたような気がして、とっても貴重な時間を過ごしたような気がします。
手越くんの舞台もそういう感じっだったようなので、今回はテゴマスファン幸せものですね。この舞台の成功は2人にとってもすごい自信になるだろうし、未来につながるいい経験になると思います。(まっすー君のはまだ終わってないけど)
舞台の最後にまっすー君は「夢の数だけ愛が生まれる」を歌ってくれました。
この選曲泣かせるな~(笑)
「ずっと」を歌っている時もそうでしたが、まっすー君って歌いだすととたんに雰囲気が変わるんですよね。もー、一生懸命歌ってくれるんです、もちろん手も(笑)
心を込めて一生懸命歌ってくれるので、もう感動しちゃいますよ!もちろん上手いし!
あ~、思い出すだけで、ウルウルしてきちゃいます(笑)

今回はほんと、こんなに近くで見ていいの!?っていうくらい間近でまっすー君を見れましたが、間近で見て思ったことは、「うわっ!いい男だっ」ということです(笑)
3月にコンサートで見た時とは、また印象がだいぶ違うんですよね。痩せたからかな?
すっごい大人っぽくなっていて、かっこよかったです。(普段はぷくぷくまっすー推進派なんですが・・・)
でも、笑うとエクボが出てやっぱりかわいいの(笑)これもツボなんだよなー、やっぱりまっすーファンは止められそうにないです(笑)

すみません、ここからは私的なお話。
1回目の舞台を見終わった後、帰りの電車の中でいろいろ考えてしまっていたのですが、
それで出た結論がひとつあります。
それは、“まっすー君に出会えたことって、自分にとって必要なことだったんだ。”
っていうこと。あれ?変な日本語ですかね(汗)
つまりですね、まっすー君に出会う前の私の生活って、子育てと中国語の勉強と仕事だけで、かなり閉鎖的な世界で生活してたんですよ。
まあ、この時期があったからこそ、今の仕事につながっているんですが、
となりで見ていた旦那さんはちょっと息苦しかったかもしれませんね(笑)
だから、今、私がまっすー君を見てニヤニヤしていると
「楽しそうでいいねー、こっちは楽でいいよー。」って言ってくれます(笑)
ので、今回の東京行きもちょっと皮肉を言いつつ(旦那さんは皮肉家)快く送りだしてくれて、お餞別までくれました!
一時はまっすー君にはまりすぎて、現実の生活とのバランスがうまくとれないこともあったのですが(汗)、なんかこれからはうまくやっていけそうな気がします。
だって、まっすー君は私の生活に必要な人ですから(笑)
仕事のことも最近ちょっと煮詰まってまして、私の仕事、ない時は1ヶ月も2ヶ月もないし、ある時は息つく暇もないくらい連続で、それでいて超難易度高っ!って感じで生活とのバランスがとりにくくて、精神的に最近かなりきてたんですが(軟弱者です)。
でも、今回の舞台を見て、なんかもっとがんばれそうな気がしました。
これからも、テレビや雑誌でがんばっているまっすー君を見るたびに、たぶん自分もがんばろう!って思うと思います!ほら、やっぱり必要な存在だ!(笑)

今回はブログで知り合ったお友達にもお会いすることが出来まして、ほんとにうれしかったです。いつもDVDを送ってくださる方にも直接お礼が言えてよかった!わざわざ時間をとって頂きましてありがとうございました。
それから、以前台湾のレポを翻訳させてもらったakiちゃんとは、一緒に舞台を見て、ランチまでさせてもらいました。ほんと楽しかったです!ありがとねー!

さあ、ここまで読んで下さった方、何人いるか分かりませんが(笑)ありがとうございました。
明日から金曜日まで、久しぶりの長丁場のお仕事に入ります。なのでブログはちょっとお休みする日もあります。ほんとは1週間お休みしようと心に決めていたんですが、
なんせ今週は「ほん怖」がありますから、たぶん我慢できなくて、何か書いちゃうと思います(笑)
久しぶりのフルタイムの通訳でかなり緊張しているんですが、めげそうになったら、まっすー君の舞台でのがんばりを思い出してがんばってきます!!

これまで、コメント下さった方々、すぐお返事できなくてごめんなさい。
これからゆっくりになりますが、お返事させていただきます。
[PR]
by tiantian365 | 2007-08-26 22:51
<< お久しぶりです! まちマス見てきたよ >>