仙台1部MCレポ(注:長いです)

それでは、昨日の仙台repo行きまーす。
記憶力に限界がありますので、セリフの一字一句あってるわけではありません。
大体こんなこと言ってたかな~って感じ(笑)順番もめちゃめちゃです。
あと、これ誰が言ってたっけ?っていうのが多々ありまして(大抵は小山くんか加藤くん)、
そういうのは「メンバー」と書いておきます。
言うまでもないですが、記憶にも偏りがありますので、ご了承ください。
开始写仙台的repo了。
我的记忆力有限,不可能一句一句正确地写下来,都是大概的意思了。
还有很多话记得不太清楚谁说的(汗)所以这样的时候只写着「队员」
我记得很偏的(这不用说了 笑)

・ツアーについて
•关于巡回演唱会

小山:今日はツアー最終日だね。
小山:今天是巡回演唱会的最后一天。
増田:今回はツアーって感じだったね。ツアーってこういう事言うんだなみたいな。
增田:这次真是让人体会到巡回演唱会的乐趣。巡回演唱会应该是这样的。
小山:なんかもっと具体的に言ってくれないと、反応出来ないよ。
小山:请你具体点儿,我们无法反应。
増田:「ツア~」って感じ?(変な高い声で)
   (固まる会場)
增田:应该是「ツア~」(用很奇怪的高音说)
(会场里变得鸦雀无声)
小山:何かまっすー、今回のツアーで皆をシーンとさせるのを楽しんでるよね。
小山:你通过这次巡回演唱会学到了让我们无法说话的乐趣吧。
増田:そうそう!オレが言った一言で会場全部の人がしゃべらなくなったりすると、
   嬉しい!
增田:是的,是的!我的一句话让会场里的所有人无法说话的时候,我特别高兴!
小山:喜んでるの?
小山:你很高兴了•••。
増田:そう!僕の生きがい!
增田:是的!对此我感到生存的意义!

・仙台について
•关于仙台

小山:仙台に来ると、また来れたって感じがするよね。
小山:我们来到仙台,有一种特别的感慨。
メンバー:いつも仙台が最後だよね。
  (会場から「ちがーう」みたいなブーイング)
队员:仙台总是最后一场。(会场充满了不同意的气氛)
メンバー:去年は札幌が最後じゃない?
队员:去年的千秋是札幌吧。
手越:仙台、札幌、仙台でしょ。(冷静な答え)
手越:按仙台,札幌,仙台的顺序吧
錦戸:去年仙台来たっけ?(これ冗談で言ってるのかと思いました 汗)
  (会場から大ブーイング 笑)
锦户:去年来过仙台吗?(我以为他在开玩笑 汗)
(会场充满了不满 笑)
加藤:みんなで牛タン食べたじゃないですか!
加藤:和大家一起吃了烤牛舌了吧!
小山:亮ちゃんがシゲにむりやり食べさせているのがDVDになったでしょ!
小山:亮让西给勉强吃烤牛舌吧,DVD中也有吧!
錦戸:そうや、そうや!シゲが食べたいって言うから食べさせたんだ!
(マジで忘れてましたね 汗)
锦户:是的,是的!因为西给要多吃,我才让他吃了!
(看来锦户真的忘记了!)

・仙台の雪
•仙台的雪景

小山:俺たち、昨日仙台に着いたんだけど、雪が降ってたよね。
小山:我们昨天来到仙台,仙台下着雪呢。
メンバー:きれいだったよね~!
队员:好漂亮呢~!
手越:でも、ちょっと言ってもいい?昨日慶ちゃん、雪を見て「埃がいっぱい降ってくる」とか言ってたよ。
  (会場またブーイング 笑)
手越:不过,我可以说吗?昨晚小山看到雪就说”下来了很多尘土”
(会场里又充满了不满 笑)
加藤:小山は心がハウスダストだからな。
加藤:小山的心就是house dust
増田:今回初めて雪見たんじゃない?
增田:是不是这次我们第一次看到了雪?
メンバー:札幌でも見たよ!
队员:在札幌也看过!
加藤:て言うか東京にも降ったじゃん。(ツッコミまくられるまっすー)
加藤:连东京也下雪了吧(大家不断地追究massu的矛盾)
増田:フッフッフ(笑ってごまかすまっすー 笑)
增田:fufufu•••(massu用笑来逃避他们的追究)
増田:でもさ、トンネルを抜けると雪って感じが札幌にはなかったじゃん。
   仙台に来たら真っ白で・・・
(次に何って言ったか思い出せません・・。とにかく何かいいこと言ってくれて
 会場中がキャーってなったんですよ 汗)
增田:不过,在到札幌的时候没有“穿过县界长长的隧道,便是雪国”的感觉吧。
到了仙台,遍地都是雪•••(然后忘记了massu说什么•••汗,反正massu说了很让仙台人高兴的话,产生了很大的欢声。)
小山:そう言って、キャーって言ってもらおうとする!
小山:你这么说肯定企图让观众欢声!

・話題はなぜかアニメへ
•话题转到了动画片

加藤:コンサートで、オレのうちわ持ってくれる人はオレが通ると
手振ってくれるんだけど、山下くんのうちわ持ってる人とか、オレが通っても
全然別の方見てて、オレを見てくれないの。そういう時どうしたらいいと思う?
加藤:在演唱会当中,拿着我扇子的人,我通过的时候一定向我挥手。
不过,比如拿着山下扇子的人,在眼前我通过的时候也完全没有看我,看别的地方。
这样的时候,我怎么对付好呢?
小山:じゃあ、オレも見ないもんって感じでいいんじゃない?
小山:既然你不看我,我也不看你就行了吧
加藤:そうか!こっちだって見ねえぞ!って感じにすればいいのか!(笑)
加藤:你说得有道理!心里想我也不看你就行了!
増田:でもさ、あの~・・・(しばらくグダグダ)
   だからー、例えばー、サザエさんが好きな人がいるでしょ(いきなりサザエさん)
   そういう人でもー、マスオさんが来ると「あっ!マスオさんだ!」って
   思うでしょ。そういう感じじゃない?(言いたい事はよく分かったよ、まっすー)
增田:但是•••,那个•••,
所以•••,比如说•••,可能有的人喜欢サザエさん•••。
(サザエさん是一个有名动画片的主人公)
这样的人也看到マスオさん的时候,会觉得マスオさん来了!!这样的感觉吧。
加藤:なんでサザエさん?せめて、アンパンマンで食パンマンが出て来たって感じでしょ。
   (加藤くんも変なフォロー)
加藤:你怎么提起サザエさん呢?勉强地比喻的话,应该是アンパンマン中的面包マン吧!
小山:シゲはさ、アンパンマンで言えば、ジャムおじさんだよね。
小山:西给应该是アンパンマン中的ジャム爷爷吧!
全員:おじさんだ~(笑)
全员:爷爷!(大笑)
加藤:オレは今年成人式だったんだぞー!
加藤:我今年刚过成人节呢!!
小山:俺たち、なんでアニメの話してんの?
小山:我们为什么谈动画片呢!?
山下:でも、もうひとつアニメの話していい?
   ちびまるこちゃんって頭があんなに丸いのに、首がすごく細くねー、
   オレ、小さい頃から気になってたんだ。
山下:不过,我可以继续谈动画片吗?
小丸的头那么大圆圆,但她的脖子却那么细。这是为什么?
这个问题我从小就抱有的一大疑问。
加藤:ちびまるこちゃんに玉ねぎみたいな頭してる子がいるでしょ。
小丸的男同学当中有一个头部像洋葱那样的人吧!
メンバー:○○(忘れました)くんでしょ。
队员:应该是○○吧!(忘了名字)
加藤:そうそう、それ!通学とかする時にあの頭に帽子かぶってるの見た!
   帽子もあの頭のサイズなの!
加藤:是的,是的!他上学的时候戴的帽子和他头部尖一样大的!
小山:シゲはちびまるこちゃんで言えば、花輪くんだよね。
小山:西给应该是花轮君吧!
メンバー:まっすーは花輪くんが好きなミギワさん。
队员:massu应该是追花轮君的ミギワ小姐。
増田:・・・(反応に困るまっすー)
增田:•••(massu不知怎么反应)
小山:ドラえもんだったら、シゲはデキスギ君だよね。
小山:如果是机器猫的角色,西给应该是デキスギ君吧!
加藤:そう?(満更でもなさそう 笑)
加藤:是吗?(加藤显得高兴)
小山:手越は静ちゃんだよね。
小山:手越应该是小静。
手越:そうかな?
手越:是吗?
メンバー:かわいいもんね。
队员:因为很可爱。
小山:亮ちゃんは・・・、ジャイアンだね(笑)
小山:亮呢•••,应该是ジャイアン(笑)
錦戸:オレはスネ夫やろ!
锦户:我应该是スネ夫!
小山:オレはのび太だよね。
小山:我应该是のび太吧。
小山:まっすーは・・・。
小山:massu呢?
メンバー:ジャイ子?
队员: ジャイ子?
増田:ジャイ子か~、ちょっと強いな~。
增田: ジャイ子吗?有点厉害•••。
メンバー:ドラえもんでもいいんじゃない?
队员:也可以说机器猫吧。
錦戸:何にも出せへんだろ(すみません、関西弁が微妙)
锦户:不能拿出什么东西吧。
増田:いろいろ出せるよ!(腰巻に手を入れるまっすー)
增田:我可以拿出各种东西呢!(massu把手插在腰布里面)
増田:あっ!出てくるのは、もう一人の増田さんだけだ!
 (ここで、メンバーも会場もかなりひいてた。やったね、まっすー 笑)
增田:哟!我能拿出来的只有另一个增田先生!(明白意思吗?我不敢解释 汗)
(massu说这句话的时候,会场的所有人真的无法反应,变得鸦雀无声,massu成功了!笑)
山下:これで話が終わっちゃったじゃない。
山下:我们的话题到此结束了•••。
小山:山Pは何だ?
小山:山p应该是谁?
山下:オレは出てこなくていい。
山下:我不要出来。

・牛タンの話
•关于烤牛舌

小山:なんでアニメの話ばっかりしてるの?ツアーの話しようよ!
小山:我们怎么净说动画片呢,应该谈演唱会的事吧!
小山:昨日は仙台に来て牛タン食べたよね。
小山:我们昨天来到仙台后,吃了烤牛舌。
山下:オレは食べてない
山下:我没吃呢•••。
小山:山Pはドラマ撮ってたんだよね。
小山:山P拍电视剧呢。
山下:昨日は3時に終わって、4時に家に帰って、5時に出て来た。
山下:昨天拍到上午3点,然后4点回家,5点就出来了。
全員:ふえ~、大変だ(みたいな反応)
全员:太辛苦了•••!
山下:だからオレ、今日はちょっとハイなの。(確かにいつもより饒舌)
   一線を越えてるって感じ?
山下:因此我今天情绪有点high呢。可以说超越了第一线吧。
メンバー:山下くんがいなかったんだから、牛タンの話をしちゃダメだろー。
队员:既然山下没在,不该谈烤牛舌的事吧!
メンバー:でも後で牛タンもらえるって。
队员:不过,以后你可以领到牛舌呢。
山下:ホントに?でもメンバーからじゃなくて、上の人たちからでしょ。
山下:真的吗?不过不是队员送的吧,而是上边的人给的吧。
メンバー:そうそう、上から(笑)
队员:是的是的,上边的人给的(笑)
山下:嬉しいような、そうでないような・・・。
山下:不知我该不该高兴
増田:よかったら、僕の牛タンをどうぞ。
增田:如果你不介意的话,我送给你我的牛舌。
山下:・・・。
山下:•••。
小山:牛タンじゃなくて、豚タンでしょ!
增田:那不是牛舌,应该是猪舌吧!

・webの話
・关于web

山下:昨日は更新出来なくてゴメン!気がついたら3時だった。
山下:昨晚我不能更新,非常抱歉!我发现的时候已经3点了。
増田:そういう時はスタッフさんを通してでもいいから、言ってくれればいいのに。
增田:如果发生了这样的情况,你可以告诉我们,我们可以替你写。
山下:そういうのもありか!(会場中同意の歓声)
山下:好主意!
山下:じゃあ、今度更新出来ない時はシゲとかにまわすから。
山下:那么下次如果有不能写的话,我会告诉西给。
増田:オレが言ったのに、シゲって・・・(ちょっとまっすーに冷たい山下くん 汗)
增田:我提起的事,怎么会说给西给呢•••。
小山:まあ、まっすーのメールは絵文字満載だからね(なんとなくフォロー 笑)
小山:啊•••,massu的mail充满了绘文字。
小山:シゲのメールの絵文字は電気と猫とパーばっかり(たぶんこの3つだったと思う)
小山:西给的mail只有电气,小猫和手掌的三种(大概是这3种)
加藤:そうそう!だからオレのメールはまっ黄色。
加藤:是的,是的!所以我的mail一片是黄色。
小山:亮ちゃんは絵文字使わないよね。
小山:亮,很少用绘文字
錦戸:でもオレ、ハートマークとか使うで。
锦户:不过我常用heart标志
増田:そうだよね。
增田:是的是的。
錦戸:オレ、おまえにメールなんて送らないやろ!(すみません、関西弁が分かりません)
锦户:我没有发给你mail吧!
増田:フッフッフ(また笑ってごまかすまっすー)
增田:fufufu•••(又是用笑来逃避追究)
増田:でもさー、始めは怖い感じの文章だけど、最後に「よろしくハートマーク」
   みたいな感じだよね。
增田:不过,那个•••锦户写的文章刚开始的时候写得比较害怕,但最后一句是「请多关照加heart标志」这样吧。
錦戸:そうそう!それがオレの方法(ちょっと照れてる錦戸くん)
锦户:是的是的!这就是我的办法•••(他显得有点害羞)
小山:オレはよくまっすーにメールするよね。
小山:我经常发给massu。
増田:そうそう!服のお店のこととか。
增田:是的。大概是问我衣服店的事。
小山:まっすー、すごい詳しいんだよ。
小山:因为massu真的很精通这方面的事。
加藤:そんで、まっすーはオレにパソコンの使い方とか聞いてくんだよね!
   「シゲー、強制終了ってどうするのー?」みたいな。
加藤:然后,massu给我打来电话问我电脑的操作方法,比如“强制终了”怎么做等•••。
増田:えー、だってー、強制終了の仕方とか皆知らないよね。
  (会場中、激しく不同意 笑)
增田:因为很少有人知道怎么做“强制终了”吧•••。
(大家都坚决不同意)
加藤:なんでオレが増田という人間にいちいち教えてあげなきゃなんないのか!
加藤:我怎么每次要教给你呢。
増田:でも、シゲ電話ではすごい高い声で話すよね!
增田:不过,西给通过电话谈话的时候,声音总是特别高。
加藤:テンション高い時はね。
加藤:情绪高的时候是这样。
小山:パソコンだと手越とか打つのすごく早いよね。
小山:手越,电脑打得特别快!
手越:うん、一昨日は一日中打ってた、すごい疲れた~。
手越:是的,前天我在一直打着呢,太累了
小山:山下くんは
小山:山下呢?
山下:オレだってメチャクチャ早いよ!
山下:我当然打得特别快!
増田:でもすごい高いやつとか使ってるんでょ。
增田:你用的电脑很好的吧。
メンバー:富士通とか!(東芝でしょ!)
队员:是富士通!(应该是东芝吧•••!)
山下:この前も5千字とか打ってすげー疲れた。
山下:前几天打过5千字,让我累坏了。
小山:卒業しなきゃなんないもんね。
山下:你得毕业了。
増田:でもさ、5千字とか言っても、学生の人はマジむずいとか思うかもしれないけど、
   オレみたいに学校に行ってない人は5千字?原稿用紙は400字で~、
   みたいな感じだよね。
增田:其实,你说5千字。如果学生的话,会明白很不容易。但像我这样不上学的人听到5千字也不太明白,只知道稿纸400字。
加藤:1万字なら25枚だよ。(すばやい!)
加藤:如果是1万字就是25张呢!(加藤计算得听快!)
増田:ほんと~!?(マジで驚くまっすー)
增田:真的吗!?(massu显得真吃惊)

こんな感じかな~。もっといっぱいしゃべってたけど、後は思い出せません(汗)
覚えてるうちに書いておこうと思ったらこんなに長くなっちゃった・・・、
あ~、疲れた・・・(汗)最後まで読んで下さった方々もお疲れ様でした・・・。
なんか、すごい自己満足レポでどれだけ伝わっているか甚だあやしいですが
これも記念ですから・・・。
そうそう、今回もオフの時にカメラ回してたそうです。DVD楽しみですね。
ドームの時もそうでしたが、加藤くんがホントによくしゃべるようになりましたよね。
加藤くんは容赦なくツッコミを入れてくれるので(とくにまっすーには 笑)
話がとってもおもしろくなりますよね。
でも、加藤くんがMC隊長に昇格してしまったので、ツッコまれ役はすっかりまっすーに
なってしまって、それはそれでおもしろいし、おいしいとは思いますが、
マス担としては、繊細なまっすーがヘコまないかちょっと心配しちゃいます。
でも、今回のMCとか見てると、まっすーはめげることなく、積極的にトークに
加わっていて、とても頼もしく感じました(やっぱり母親目線)
がんばれ、まっすー!

大概是这样了•••。应该有更多的内容,但我都忘了•••(汗)
我想在记忆犹新的时候写完,写起来格外地长了,太累了•••(汗)
读到最后的人也辛苦了,太谢谢了!
他们还有说在off的时候也拍摄,DVD应该可以期待吧!
这次的巡回演唱会,加藤在MC当中起到的作用很大吧。他确实谈得不少呢。
他总是追究矛盾(特别是对massu 笑)所以听起来好有意思呢。
不过,因为加藤提升为MC队长,所以被追究矛盾的总是massu(汗)
这样有意思是有意思•••,对massu也有好处。
不过作为massu饭有点担心感情细腻的massu会不会伤心。
但看看昨天的massu的样子,他好像一点儿也没有退缩,很积极地加入谈话。
从中感觉到massu的成长,令我很放心(还是妈妈视线 汗)
massu,加油!
[PR]
by tiantian365 | 2008-01-28 23:11
<< きっと飛べる 仙台コン >>