<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

いっぷくとアン

今日の増田さんの真っ黒な服装もとっても似合っていましたねー!
痩せすぎず、太ってもいないけど、中味がつまっていそうな体格がとってもいいですね(褒めてます)大好きな舞台に立てて、とっても嬉しそうでした。もうすぐ舞台を控えている増田さんに番組からの心遣いが感じられて、有難いことです。
心遣いと言えば、まっすーのコーナーの直前のCMでテゴマス執事も見れました。
心遣いと言うよりは、大人の事情でしょうが、早々とテゴマス執事がゲット出来て有難いことです。
そろそろこちらのスーパーでもテゴマス執事のハッピーターンが見れるでしょうか。
スーパーに行く楽しみがひとつ増えました。
なにげない日常の楽しみを見つけられると嬉しいですね。
その何気ない日常のいろんな事にいちいち感激して新鮮な毎日をすごせる達人といえば、
赤毛のアンさんですね(いきなりな話の振りです)
学生時代はアンにはずいぶんとお世話になり、アンシリーズはほぼ読破しましたが、
まさか赤毛のアンが空襲の合間に必死に訳されていたものとは知りませんでした。
まあ、ある程度の脚色は入っているのでしょうが、命の危険にすらさらされている過酷な現実の中で一心に翻訳している姿にはとても心打たれます。
あ、朝ドラの話です(笑)
「赤毛のアン」ってこんな状態の中で訳されてたんだなー・・・、
って、朝からなんだかとても有難いやら、切ない気持ちで朝ドラを見ています。
本当に空襲の中をあんなでっかい辞書を持って逃げ回っていたのかはさだかではありませんが、でっかい辞書をひきながらお仕事をしている姿は語学にかかわっている者としては、非常に心打たれるものがあります。
まあ、いまはね、電子辞書っていう非常に便利なものがありますから、辞書引きも、持ち運びも非常に楽なんですけどね。私が仕事を始めた当初は中国語の電子辞書はまだあまり良い物がなくて、重たい辞書2冊をカバンにいれて、持ち運んでいました。そんで英語の通訳さんが電子辞書をひいている姿がうらやましくてたまらなかったもんです。なので、中国語の電子辞書が発売された時は少々高額でしたがすぐに買いました。初めて自分の電子辞書を持てた時は本当にうれしかったなー。なので花子さんが辞書を必死で守ろうとする姿を見ていると、なんか背筋をただされている気持ちがするこの頃であります。
久しぶりに「赤毛のアン」が読みたくなりました。でも、昔読んだ文庫本はたぶん実家の押し入れの奥深く・・・。たぶん今読めば昔とはもっと違う気持ちが持てるような気がします。あの当時だってアンのラストのシーンには非常に心打たれましたけど。道の曲がりかどを曲がったら・・・どーたらこーたら(はっきり覚えていない・・汗)このセリフは本当に良かったな。女の人はどうしても自分だけのためにには生きられないから、しょっちゅう曲がり角を曲がらなければならないですが、そんな時に励みになる言葉だと思います。もうね、最近私の周辺は高齢化のためか(汗)あまり楽しい話がない(笑)子供のことも悩み多いことばかりで、私も大変だけど、周りの人たちも非常に頑張って生きているので、こうなると、もう日常の小さなことに楽しみを見つけて、なんとか、この大変な数年間を過ごさなければならないでしょう(あと数年で子育ても一段落)
なんか、久しぶりの更新なのに、変な人生論みたいな話になってしまいました。
それくらい近頃はストレスがたまってるんです(汗)
そんな中で貴重な支えとなっているのは、まっすーの笑顔と花子さんの翻訳に励む姿ってことを言いたかっただけです(またしても強引にまとめてみました)
[PR]
by tiantian365 | 2014-09-15 13:11