テゴマスin台湾 レポ(ご紹介) part4

山下くんのドラマ、まだ見れてません・・・。
なかなか昼間まとまった時間がとれないんですよねー。見るなら、ゆっくり見たいしなー。
ということで、今日はブログ巡りほとんど出来ません。皆さん感想を書いてそうだから(笑)
山下くんのweb日記すら怖くて見れない・・・。
webといえば、加藤くんのしげ猫始まりましたね!
でも、なんか今回の設定が凝りすぎてないですか?
今年の夏は寂しい夏になりそう?なので、加藤くんにはぜひとも!がんばってほしいものです!!

さてさて、台湾レポもクライマックス?です。ひとりで盛り上がってます(汗)

~見面会(イベント)中編~

予定の時間が近づいた頃、kenがやってきました。
<たぶん司会者の名前かと・・・>
kenはみんなにあいさつすると、注意点を4点挙げました。
その中で最も注意すべきことは写真をとったりビデオ撮影してはいけないということでした。
kenは始まる前に私たちに「このイベントは2人の包子が希望したことです。」と話してくれました。
私も「もともとkenがみんなに言っていたのは記者会見をするということだったよな。」と思いました。
私たちはすでに感動して泣きそうでした。
大包小包の乗ったボックスカー着いた時、kenはみんなに
「今日、私たちは誰を見に来たんだっけ?」(ちょっと記憶がさだかではありません)と尋ね始めました。
私たちは全員で大きな声で「テゴマス!」と叫びました。
するとすると・・・2つの熱々の肉まん(包子)が舞台に現れました!
もうすごく近くなんです!
(この後、インタビューがあったのですが、それはいろんなところでレポがあるので、おまかせします!)
一曲目は金曲奨と同じで、ミソスープでした。
kenは私たちに「聞きたいかーい!?」と尋ねてきました。聞きたいにきまってるでしょ!!
私たちに関しては、もう踏ん張りがきかなくて、3人とも一曲目から大泣きしてました!
インタビューの時、テゴマスの2人は「台湾を観光したかったけど、時間も機会もない。」と答えたのですが、そこで、kenは気転を利かせて幕に印刷してある台湾の観光ポイントを2人に紹介しようとしました。大包(まっすー)は小籠包をひと目見ると、kenがまだ話さないうちに大きな声で「小籠包!」と叫びました。
インタビューをしている時、私はkenはすごいなと思いました。
だって、小籠包の話題になると、kenはすぐに、「小籠包を食べる時はミソスープがかかせないんだよね。」と言ったりして、どんな話題も彼らの歌に結びつけるんです。さらに、「台湾の女の子はこの歌があったから、ミソスープの作り方を覚えたんだよ。」とか言ってました。(本当に?)
二曲目の準備に入ると、kenはわざと「ラブソングが聞きたいな~。」と言いました。すると会場中で「kiss,kiss」と叫びました。(曲名が長いので、みんなkissとだけ叫んでました)
そしてkenは「みんなの要求は行き過ぎてるかな?」と言ってみんなを笑わせました。
kissが始まると、私たち3人はまた大泣きしました。一曲目よりもさらにひどい泣きっぷりでした!
kissを歌っている時、小包(手越くん)は最高の投げキッスをみんなに送ってくれました。
そして、大包が「I love you」と歌うところになると、会場のみんなが更に大きな声で2人に歌って聞かせていました。
(ちょこっと補足。あの難しいところで、小包の声が裏返ってました!)
二曲歌い終わると、「みんな彼らに聞きたいことはないかい」と尋ねられました。
kenは「ネットの公式サイトで重要なお知らせがあると言っていましたが、いったい何のことでしょう?」と私たちの代わりに尋ねてくれました。
彼らはこう言いました。「今回はテゴマスとして台湾に来ましたが、次回はnewsとして10月6、7日に台北アリーナでコンサートを開きたいと思います!」
2人がそう言うと会場は歓声に包まれました。私はまた泣き始めました。(って言うよりずっと泣いてました!)
それから、kenに感謝しなければなりません。
2人がこの知らせを宣言すると、kenは突然・・・
「newsって言ったんだから、みんなのためにnewsの曲を一曲歌ってくれませんか?」
2人はすでに飛行機に乗るため行かなければならなかったのですが、
ちょっと話した後、小包は「大丈夫」と答えてくれました。
2人が「6文字のニューシングルです。」と言うと、みんなが日本語で「星をめざして」と大きな声で叫びました。大包はとてもびっくりしてました!
2人の「星をめざして」はとっても素敵でした。
テゴマス版の「星をめざして」は日本のファンでさえ聞いたことがないですよね!
ここで、ちょっとこぼれ話。
私たちはずっと小包が「手越です。」のポーズをやってくれるのを見たかったんです。
でも、彼はやってくれなかった。そこで、なんとか機会を捉えて、彼にやって見せたんです。
イベントが終わろうとしていた時、やっと彼に見られました!
彼はすぐに声には出さないで、「手越です。」を私たちに送ってくれました。
私とningmengたちは、それを見て、すごいhighになりました!
その後、みんなは大包のために誕生日を祝ってあげました。
大包はすごくびっくりしてました。
彼のためにhappy birthdayの歌を歌ってあげると、大包は本当に感動していました!
話している時も鼻が赤くなって、目には涙が浮かんでいました。
多くのファンたちは大包は泣いてなかったと言っていましたが、
最前列にたっていた私たちは保証できます、彼は本当に泣いていました。
なぜなら、話し終えた後、大包はちょっとだけ身を返して涙をふいていました。
その時には、もう小包が話す番になっていたので、みんなの視線は小包の方に移っていました!
その時にはすでに泣きやんでいた私たちも大包が泣いているのを見たら、また大泣きし始めました。



あ~、後ちょっとで終わりなんだけど、今日はここでタイムアップ~!
もー寝ないと・・・。(寝不足に弱い人)
[PR]
by tiantian365 | 2007-06-26 22:57
<< テゴマスin台湾 レポ(ご紹介... テゴマスin台湾 レポ(ご紹介... >>